忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[2944] [2943] [2942] [2941] [2940] [2939] [2938] [2937] [2936] [2935] [2934]
中国の新華社通信は、電子商取引大手
アリババ・グループ・ホールディング
<BABA.N>の馬雲(ジャック・マー)会長が、
米中貿易摩擦を踏まえ、米国で100万人の
雇用を創出することはもはや目指して
いないと表明したと報じたそうです。

馬会長は約2年前にトランプ米大統領と
会談し、アリババが米国内で100万人の
新規雇用を5年間で創出する方針を示していたそうです。

馬氏は新華社に対し、米国での雇用創出に
向けたコミットメントは「米中の友好的協力
及び理性的かつ客観的な二国間貿易という
前提に基づくもの」とし、「現在、こうしたもともとの
前提は失われており、約束を果たすすべはない」と
語ったそうです。

馬氏は前日にも、米中貿易摩擦が今後20年続く
可能性があり、すべての関係国に「混乱」を
もたらすとの認識を示したそうです。

貿易摩擦は中国や外国の企業に
即刻悪影響を及ぼし、中国企業は
関税を回避するため中期的に生産拠点を
他国に移転させる可能性があるともしたそうです。

でもですね。
100万人の雇用はどうやっておこなう
つもりだったのでしょうか。
中国企業がアメリカで会社を
おこすのでしょうか。

中国企業のトップがもこういう政治的な
発言をすることが違和感があります。

PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]