忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[3124] [3123] [3122] [3121] [3120] [3119] [3118] [3117] [3116] [3115] [3114]
損害保険大手3グループは20日、
2019年3月期連結決算を発表したそうです。

大規模な自然災害が相次ぎ、3社合計の
保険金支払額は約1兆6000億円と急増。

しかし、各社とも災害に備えた積立金を
取り崩すなどして業績への影響を抑え、
純利益はMS&ADインシュアランス
グループホールディングスと
SOMPOホールディングスの2社が増益を確保したそうです。

18年は7月の西日本豪雨や、関西国際空港が
浸水した台風21号、各地に停電被害などを
もたらした台風24号など大きな被害を伴う
自然災害が発生。

3社合計で前期から大幅に増えた保険金額に
ついて最大手、東京海上ホールディングスの
藤田裕一専務は「(地震関連を除けば)過去最大規模だ」と
影響の大きさを指摘した。

3社は積立金の取り崩しや再保険の
活用により、決算への影響額を軽減したものの、
東京海上の純利益は3.4%減の2745億円にとどまった。

一方、保有株式の売却益なども寄与し、MS&ADは25.1%増の
1927億円、SOMPOは4.9%増の1466億円。
売上高に相当する正味収入保険料はSOMPOを
除く2社が増収だったそうです。

損害保険が急増しても純利益は
確保できるのですね。
そんなに、多くなかったのでしょうか。
損害前に、利益をが多すぎたのでしょうか。


PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]