忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[3132] [3131] [3130] [3129] [3128] [3127] [3126] [3125] [3124] [3123] [3122]
兵庫県は県内の瀬戸内海で、水質の
環境基準を独自に見直す方針を固めたそうです。

瀬戸内海は水質改善が進んだ半面、
魚介の栄養素となる窒素などの
「栄養塩」が減り、漁獲量の減少やノリの
色落ちが問題となっているそうです。

国の現行基準は窒素の濃度を、工場地帯などを
除き主に海水1リットル当たり「0・3ミリグラム以下」
としているが、県は「同0・2ミリグラム」
という下限基準を加え、一定の窒素濃度を
保つ考え。

県によると、海水の環境基準に
下限を設けるのは全国初だそうです。

県内の瀬戸内海の窒素濃度は、高度成長期直後の
1977年度に1リットル当たり0・7ミリグラムまで上昇。

窒素などの栄養塩を餌とするプランクトンの
大量発生で赤潮が多発し「瀕死(ひんし)の海」と
呼ばれた。
73年には瀬戸内海環境保全臨時措置法
(現在の瀬戸内海環境保全特別措置法)が
制定され、工場排水などの規制が強化された。

これにより窒素濃度は年々低下。
2016年度には工場地帯を除くと
同0・14~0・18ミリグラムとなり、
劇的に水質が改善した。

一方、90年代半ばからノリの色落ちが
顕在化し、近年は春の風物詩である
イカナゴのシンコ(稚魚)が極端な
不漁に陥っているそうです。

キレイにしても影響が
出るのですね。
難しい問題です。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18
22 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]