忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[2446] [2445] [2444] [2443] [2442] [2441] [2440] [2439] [2438] [2437] [2436]
1990年代、CDなどの普及に伴い、
音楽の記録媒体としての地位を
追われて退場したかに見えた
カセットテープです。

しかし、そのアナログの魅力が
再評価され、新たな輝きを
放ち始めているそうです。

東京・中目黒の閑静な住宅街の
一角にあるカセットテープ専門店
「waltz(ワルツ)」。

昨年8月にオープンした店内には
国内外の音楽テープ約5000本の他、
昔懐かしいラジカセや携帯音楽プレーヤー
「ウォークマン」などの商品がずらりと
並んでいるそうです。

アナログの音にみせられたファンで
にぎわっているそうです。

懐かしさを求めに来る30代以上の
音楽ファンがいる一方、カセットテープの
時代を全く経験していない若者も多いそうです。

アナログの音が心地よく聞こえるそうです。

時代が繰り返されています。
面白いですね。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]