忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
安藤優子キャスター(61)らが
メインキャスターを務めるフジテレビ系の
情報番組「直撃LIVEグッディ!」
(月~金曜・後1時45分)が
9月いっぱいで終了するそうです。

約5年間の歴史に幕を閉じる。

「グッディ!」は安藤キャスターとともに
番組当初から出演する高橋克実(59)、
倉田大誠アナウンサー(38)を
メインキャスターに、時事ネタを追う
ワイドショー。

亀山千広社長(64)当時の2015年
3月にスタートした。

柔らかな口調ながら時に厳しい安藤キャスターの
意見と、高橋の穏やかな語り口などが人気。
コメンテーターもトレンディエンジェル・
斎藤司(41)、カンニング・竹山隆範(49)
らが並ぶ。

日テレ系「情報ライブミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)、
TBS系「ゴゴスマ・GOGO!Smile!」
(月~金曜・後1時55分)とワイドショー3番組が
しのぎを削り、最近では視聴率5%近くを記録。
僅差で2位争いを展開していたそうです。

視聴率が悪いと変わります。
視聴率だけですからね。
出演者でも変わります。
PR
ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は、
国連(UN)に対し、世界保健機関(WHO)からの
脱退を正式に通知したそうです。

米当局者が7日、明らかにした。
トランプ氏はWHOの新型コロナウイルスへの
対応を厳しく批判し、脱退の意向を示していた。

米国務省報道官によると、トランプ氏は国連の
アントニオ・グテレス(Antonio Guterres)事務総長に対し、
WHO脱退手続きの開始を正式に通知。

グテレス氏の報道官も、米国から通知が
あったことを確認した。

脱退は1年後の2021年7月6日付となる予定で、
11月の米大統領選で民主党のジョー・
バイデン(Joe Biden)前副大統領が
トランプ氏に勝利すれば脱退を撤回
することは必至とみられる。

これだけ、アメリカを含め世界で感染や死者が
増えています。
WHOの責任は大きいですね。
もっと早く抑え込めましたからね。
失策です。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、
コンビニエンスストアでアルバイトの
応募が急増している。

感染前、多くの店舗は人手不足に
悩まされてきたが、「自宅近くで働ける」
という理由から、新型コロナで仕事を
失った主婦や学生らの応募が相次いでいるそうです。

立地によって応募数に差はあるものの、
地域での雇用の一助となっているそうです。

ローソンではホームページ上に求人サイトを
開設している。
4月は前年同月比で約3倍、5月は1・7倍の応募があった。
アルバイトが充足されたことで、
4月と5月は求人募集店舗数も減少した。

セブン―イレブン・ジャパンでは店舗立地により
差があるものの、3月から応募数が増え始め、
4月の応募数は全国平均で前年同月比2倍となった。

現在も高い応募率が続いている。
だが「完全に人手不足が解消したとは
言い切れない」(セブン―イレブン)とみる。

一時の人出不足からは様変わりです。
人出不足で、お店を閉めるコンビニが
ありましたらね。

時代がどんどん変わっています。
ジョンソン英首相は中国の通信機器メーカー、
華為技術(ファーウェイ)の機器について、
国内の第5世代(5G)移動通信網からの
段階的な排除を年内にも開始する準備を
進めているそうです。

5日の英紙テレグラフによる報道を確認した
同関係者によると、情報機関は米国による
ファーウェイへの新たな制裁により、
同社が信頼できない技術の利用を余儀なくされ、
安全保障上のリスクがコントロール不可能に
なると結論付けた。

正確なスケジュールはまだ決まっていないが、
当局は既に導入されているファーウェイ機器の
排除を加速する計画を策定している。

未発表の計画であることを理由に
関係者が匿名を条件に述べた。

国家安全保障会議での省庁横断の
議論の日程はまだ決まっていないそうです。

ファーウェイへの包囲網が
狭まっていますね。
どんどん締め出されます。
厳しいですね。
公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人
(GPIF)は3日、2020年1~3月期の運用損益が
四半期として過去最大となる17兆7072億円の
赤字になったと発表したそうです。

赤字は5四半期ぶりで、新型コロナウイルスの
流行に伴う株安が大きく響いた。
この結果、19年度の運用損益は8兆2831億円の
赤字に陥ったそうです。

1~3月期の保有資産別の運用損益は、
外国株が10兆2231億円の赤字。

国内株も7兆4185億円の赤字を
余儀なくされた。
また、国内債も損失を計上する一方、外国債は黒字を確保した。

19年度の損失額はリーマン・ショックが
直撃した08年度(9兆3481億円)に次ぐ大きさで、
収益率はマイナス5.2%。
ただ、市場運用を始めた01年度からの
累積収益は57兆5377億円と
高い水準を維持しているそうです。

長い目で見ることです。
株も上がることもありますし
下がることもあります。
長期運用が重要です。

ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2
5 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]