忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[755] [754] [753] [752] [751] [750] [749] [748] [747] [746] [745]
中国の面白い記事がありました。

中国人民銀行の易綱副総裁が
「中国はすでに世界第2位の経済大国だ」と
発言したことが世界中のメディアに
取りあげられているようです。

中国現代国際関係研究院経済安全研究センターの
江涌主任は、中国にとって、「世界第2位」と
いう肩書きは重すぎると語っています。
過去の経験からすると、米国は歴代の
「世界第2位」に全力で圧力をかけてきました。

これは、中国が世界第2位になった後、
多くの予測できない問題に直面する可能性が
あることを意味しているそうです。

確かに、プラザ合意もありました。
貿易摩擦、バイアメリカンなどいろいろな
嫌がらせがありました。

日本のある学者は、世界第2位である中国が
経済面で直面するリスクは、当時の日本と似ており、
政治体制における米国との溝も、かつての旧ソ連と
似ていると話しています。
中国はこれにより倍の苦難を受ける可能性がある。

いいですね。

中国が2位なれば、日本に対する風当たりは
弱くなります。

中国が、アメリカの風を受けますから。

その間に、日本は着実にやっていけます。
3位になる方がいいのかもしれません。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]