忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1133] [1132] [1131] [1130] [1129] [1128] [1127] [1126] [1125] [1124] [1123]
南シナ海問題がクローズアップされて
います。

中国は、東アジアサミット(EAS)に
米国が加わり、南シナ海問題を含む海洋の
安全保障問題でかつてない守勢に立たされた。

会議でオバマ大統領が南シナ海問題を持ち出すと、
温家宝首相はすぐさま手を挙げ発言を求め、反論したそうです。

会議筋によると、EASで扱うべき問題ではなく、
関係当事国が直接交渉を通じ解決すべきだ、と
従来の主張を展開した。

多国間のアプローチをとる米国を牽制(けんせい)
したこの発言は、危機感の裏返しだといえる。

これまで、中国にとっての「要注意国」は主に、
南沙(英語名・スプラトリー)諸島などの領有権を
争うフィリピンと、ベトナムだった。

とりわけフィリピンは、台湾を含む関係当事者6カ国に
よる多国間交渉や、紛争海域を「平和、自由、友好、協力地域」
とする構想を打ち出すなど、“目の上のこぶ”だったようです。

そこにアメリカが入ってきましたからね。
中国はどうするでしょうか。

昔の、日本に似ています。
日本は、中国のような覇権国家ではなかったですが。

中国は、経済がどんどん落ちています。
デモも広がっています。
国内問題を摩り替えるためにも海外に
出て行くでしょうかね。

注視する必要があります。

PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]