忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[948] [947] [946] [945] [944] [943] [942] [941] [940] [939] [938]
震災で、太陽光発電が活躍している
ようです。

電力復旧のめどが立っていない
岩手県大船渡市周辺地区の避難所で、
相模原市の光学部品製造「相光技研」(本田義広社長)が
贈った移動式の太陽光発電機が活躍しています。

同社は3月18日、碁石コミュニティセンターと
後ノ入公民館の2カ所に発電機を設置しました。

宇宙航空研究開発機構の関係施設がある縁から
「銀河連邦」として大船渡市と交流を続けてきた
相模原市から依頼を受けて、無償で協力しました。

発電機は一辺約1メートルの立方体で、
1メートル四方の太陽光パネル5枚を広げて使います。

大容量のバッテリーを搭載し、電圧100ボルト、
電流30アンペアで10時間、出力できる。

テレビや掃除機を動かすのに使っている同センターの
リーダー役、及川宗夫さん(60)は「自家発電機は
燃料をたくさん消費するため、あまり長く使用できない。
これは大変助かる」と喜んでいるそうです。

同社は「約1年前に開発した時は『電力は大災害でも2、3日で
復旧するから使えない製品だ』と評判が悪かったそうです。
現在、利用されているのは被災地にある2台のみで、
役立ててもらえてありがたい」としています。

今回のような、震災では、絶対に必要ですね。
燃料は必要ありません。
太陽だけで、10時間も電気が使えます。

こういう機械は、いざというときに役に立つのですね。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]