忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1165] [1164] [1163] [1162] [1161] [1160] [1159] [1158] [1157] [1156] [1155]
防衛省が、サイバー攻撃を受けた際に
攻撃経路を逆探知して攻撃元を突き止め、
プログラムを無力化するウイルスを
開発しているそうです。

事実上のサイバー兵器で、2008年から
開発に着手し、現在は閉鎖されたネットワーク環境の
下で試験的に運用しているそうです。

サイバー兵器は既に米国や中国などが
実用化しているとされています。

日本では有事法制でサイバー攻撃を
想定しておらず、対外的な運用には新たな
法解釈が必要となるようです。

防衛、外務両省はこうした事態を含め、
法制面での検討を始めました。

開発にあたっているのは、防衛省で
兵器開発を担当する技術研究本部。

08年度、「ネットワークセキュリティ分析装置の
研究試作」事業として発注し、富士通が1億7850万円で落札。

3年計画で、攻撃監視や分析の装置とともに、
ウイルスの開発に着手したそうです。

もうある程度完成しているのですね。
外部からどんどん攻撃されていますから
早く実用化すべきですね。

いいことです。

PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]