忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[2094] [2093] [2092] [2091] [2090] [2089] [2088] [2087] [2086] [2085] [2084]
ケータイショップや家電量販店の店頭に、
「一括ゼロ円」「実質ゼロ円」という文字が
あります。

高価なはずのスマートフォンや
タブレット端末がタダで手に入るという
ことです。

その結果、日本は世界で最もiPhoneの
シェアが高い国になっているそうです。

「一括ゼロ円」は、さまざまな条件付きながら、
携帯電話端末本体がゼロ円で手に入る
販売方法だそうです。
ただし、「型落ち」端末だそうです。
つまり発売から1年以上たっても売れ残っている
端末が対象だそうです。
携帯電話事業者も販売代理店も、手数料を
積み増して、ゼロ円で売ってでも在庫を
処分したいような場合、「一括ゼロ円」と
して販売するそうです。

一方、「実質ゼロ円」は端末本体価格の
24分の1の金額が24カ月間、毎月の
通信料金から割り引かれ、24カ月後には
本体の負担金が実質的にゼロ円になるという
仕組みだそうです。
端末を一括購入しても、割賦を組んでも
変わらないそうです。

やっぱり、内容をよく知ってから
契約すべきですね。

PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]