忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[3020] [3019] [3018] [3017] [3016] [3015] [3014] [3013] [3012] [3011] [3010]
航空自衛隊の「次の主役」を担う新鋭戦闘機F-3の
姿が見えてきたそうです。

米国や英国との共同開発案もささやかれる中、
日本主導で開発できるだけの技術力があるのか
疑問を呈する声もあるそうです。

しかし最も重要な大出力エンジンと高性能レーダー、
そしてステルス技術の核心でもある
ウエポン・ベイなどがすでに完成の域に
達しているそうです。

だが、F-3誕生にはまだ難題が残されているそうです。

すでに完成の域に達しているのがエンジンだ。
防衛装備庁ではIHI(旧石川島播磨重工業)
とともに平成22年から戦闘機用の次世代エンジンの
研究を行ってきたが、ハードルは高かったそうです。

レーダーに映らないステルス性能を戦闘機に
盛り込む場合、エンジンのスリム化は欠かせないそうです。

研究開始から8年後の30年にプロトタイプ「XF9」が
完成した。
かつて試作した推力5トン級のエンジン「XF5」を
基礎に、推力を15トン級(いずれも最大出力=
アフターバーナー使用時)に上げたそうです。

エンジンが重要ですね。
開発に成功しているなら国産を作ってほしいですね。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]