忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1065] [1064] [1063] [1062] [1061] [1060] [1059] [1058] [1057] [1056] [1055]
災害があっても、それで新しい技術が
すぐに生まれてきます。

福島第1原発事故で放射能に
汚染された土壌の浄化に役立ててもらおうと、
兵庫県立工業技術センターなどは、凝集剤を
使った新たな処理方法を開発しました。

今月中にも福島県郡山市で本格的な
実証実験を始めます。

同センターは「従来の方法に比べコストが安い上、
廃棄物が保管しやすく、大量の土壌を除染するのに
向いている」と話しているそうです。

同センターによると、この凝集剤は植物の粉末と、
吸着剤として除染に使われるゼオライトに似た
性質を持つ鉱物で作る。

実験ではまず、福島県飯舘村の田んぼから
採取した汚染土壌10グラムを水100グラムと混合。
工業用フィルターでろ過すると、土6グラムと
濁り水104グラムに分かれ、土に残った
放射性セシウムなどは7%に減っていた。

濁り水に凝集剤2グラムを加えて沈殿させ、
さらにろ過したところ、沈殿物6グラムと
水100グラムに分離。

沈殿物に残りのセシウムなどが集中し、
水からは検出されなかった。

どんどん新しい技術がでてきます。
政府がお金を出して早急に実用化を
進めるべきですね。

放射能を早急に除去して、住民を
戻すようにすべきですね。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]