忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[2643] [2642] [2641] [2640] [2639] [2638] [2637] [2636] [2635] [2634] [2633]
弁護士や裁判官ら法曹人口を
大幅に増やす狙いで国が設立の
旗を振り、ピーク時には74
あった法科大学院の半数近くが、
廃止や募集停止になったそうです。

2004年のスタート時に参入を広く
認めたが、政府による法曹の需要予測が
外れたこともあり、来春に向けて
募集を続けるのは39にとどまるそうです。

全体の志願者は最多だった04年の
7万3千人の1割程度にまで
落ち込んでいるそうです。

青山学院大と立教大、桐蔭横浜大は
今年5月、法科大学院の18年度からの
学生募集をやめると発表したそうです。
3校を含め、これまでに15校が廃止、
20校が募集停止(予定を含む)したそうです。

11年からは経済的な事情を考慮し、
法科大学院に通わなくても司法試験の
受験資格が得られる「予備試験」も
開始したそうです。
直近の司法試験では合格者の
約15%を占め、法科大学院の
意義が問われる事態になっていたそうです。

高いお金を払って学校にいく必要が
薄れています。
高いですからね。

弁護士が難しいのに就職が
ないという問題もあります。
働く場所がありません。
完全に政策の失敗ですね。
見直すべきですね。

PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]