忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[957] [956] [955] [954] [953] [952] [951] [950] [949] [948] [947]
首都ワシントンやニューヨークなど
米国の大都市で過去10年の間に
ヒスパニック系やアジア系の人口が急増し、
白人が少数派に転じていることが、2010年国勢調査の
統計から分かりました。

それによると、全米366都市のうち、
ニューヨーク、ワシントン、サンディエゴ、
ラスベガス、メンフィスなど46都市で白人が
少数派となったそうです。
この数字は2000年の国勢調査では32都市、
1990年は10都市、80年は9都市にとどまっていたそうです。

統計を分析した専門家はこの背景として、
白人は比較的人口の伸び率が低く、都市圏を離れて
地方に移り住む人が多いのに対し、ヒスパニック系や
アジア系は人口の増加が著しい傾向を挙げています。

移民政策をおこなってきたので、
ヒスパニックが増加しています。

彼らは、英語を話さずにスペイン語を
話しています。
英語を話せない人もいるようです。

そして、富の大半は、白人が持っています。

これは、国としては問題です。
現在、アメリカでは、国籍をとるのは
かなり難しくなっています。

移民問題は、世界で問題になっています。
どうなるのでしょうかね。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]