忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[3166] [3165] [3164] [3163] [3162] [3161] [3160] [3159] [3158] [3157] [3156]
半導体業界で非メモリー事業に対する
懸念が強まっているそうです。

日本の素材輸出が長期化すれば、2030年
までにシステム半導体部門で世界1位を
目指すサムスン電子が意欲的に推進中の
「半導体ビジョン2030」がスタート
段階からつまずくかもしれないからだそうです。

業界では非メモリー事業の核心競争力に
「信頼」を挙げる。

情報を処理する装置の非メモリーは
完成品によって要求される製品の
仕様が千差万別だ。

非メモリー製品の特性が「多品種少量生産」
である理由もここにある。

非メモリー分野は多品種を生産するため、
設計を専門にする会社(ファブレス)と、
工場を運営して設計に基づいて生産をする
ファウンドリー(委託生産)に分かれて発展してきたそうです。

このうちサムスン電子はファウンドリー事業に
目を向けてきた。
望む時間に望むスペックの製品を生産する場合、
顧客との信頼が築かれてこそ再注文が集まり、
市場シェアを拡大できる。
半導体業界の関係者は「非メモリー製品は
注文した顧客の製品の重要部品として入る」
とし「エンジンが納品されなければば自動車を
生産できないのと同じ」と説明した。

サムスンもこれからが、大変ですね。
政治問題が入ってきました。
サムスンが、政府を動かすしか
ないと思います。

PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]