忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[2968] [2967] [2966] [2965] [2964] [2963] [2962] [2961] [2960] [2959] [2958]
ランニングコストに優れる、
いわゆるタンク式の大容量インクジェット
プリンターが好調だそうです。

一方で利用者が自らボトルで
インク補充する方式の機種に
「使い方が難しそう」「インクをこぼして
服やデスクが汚れそう」と苦手意識を
持つ人も少なくないそうです。

そうした心配を解消したい方におススメなのが、
ブラザーの「ファーストタンク」モデルだそうです。

「タンク式=ボトルでインクを補充するもの」
というプリンター界の常識を覆したのが
大きな特徴。
大容量、コストパフォーマンスの良さという
タンク式の利点と、インク交換が簡単で手が
汚れにくいカートリッジ式の良さを両立したそうです。

この新設したファーストタンクモデルから
全5機種をリリースし、9月19日に先行して、
A4対応プリンター「DCP-J988N」と
ファクス機能付きの「MFC-J1500N」の
発売を開始したそうです。

「DCP-J988N」と「MFC-J1500N」を同社の
ホーム向け標準モデル(DCP-J978N)と
比べると、インクカートリッジのインク量は
ブラックが約16倍、3色カラーが約10倍だそうです。

1回のインク交換で印刷できるA4モノクロ文書の
枚数は、約375枚に対して約6000枚で、
月々500枚もの印刷を行っても、1回の
インク交換で1年以上使い続けられるそうです。

インクジェットの問題はインクが
高いですね。
安くなるのなら使いますね。
印刷の価格がどんどん安くなります。

消費者にとってはよいですね。

PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]