忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1290] [1289] [1288] [1287] [1286] [1285] [1284] [1283] [1282] [1281] [1280]
日本人の中国に対する印象が
最悪になっているようです。

日本の民間非営利団体「言論NPO」と
中国英字紙チャイナ・デーリーは20日、共同で行った
世論調査の結果を都内で発表しました。

中国に「良くない印象を持っている」と答えた
日本人の割合は昨年より6ポイント多い84.3%だったそうです。
2005年の調査開始以来、最悪となりました。

理由(複数回答)のうち最も多かったのは
「資源やエネルギーの確保で自己中心的に見える」で54.4%。
南シナ海でのフィリピンなどとの領有権争いが
影響したとみられるそうです。
次は「沖縄県・尖閣諸島をめぐり対立が続いている」の48.4%だった。

一方、日本に良くない印象を持つ中国人の割合も、
昨年より1.4ポイント下がったものの64.5%の高水準。

理由は歴史問題が最多だが、「尖閣問題での日本政府の強硬な態度」を
挙げる人も多く、約40%に上ったそうです。

中国でのアンケートは、反日政策が影響しています。
でも、日本では、そういう思想教育はやっていませんから
この数字は、大きいですね。

84%もよくない印象を持っていたら、中国にメリットが
なくなれば、日本企業はすぐに撤退します。
中国ではどんどん人件費が上がっています。
インドや東南アジアの方が魅力的になっています。

日本は、動き出すと一気に動きますからね。
この84%はすごい数字です。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]