忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[3187] [3186] [3185] [3184] [3183] [3182] [3181] [3180] [3179] [3178] [3177]
政府は、航空自衛隊のF2戦闘機の
後継機開発費を2020年度予算案に
計上する方向で最終調整に入った。

日本主導の開発を目指し、開発費は
現時点で総額1兆5000億円以上と
見積もられている。
F2の退役が始まる30年代半ばの
導入を目指す。

政府内では、海洋進出を強める
中国への抑止力を念頭に、後継機は
国産初のステルス戦闘機とし、高い
空戦能力の実現を目指す案が有力だ。

長距離巡航ミサイルを搭載し、
高水準の対艦能力を併せて備えさせる
案もある。
F2と同様の約90機の配備を
想定している。

開発費は概算要求では金額を示さない
「事項要求」とする見通しで、年末の
予算編成までに機体の概念をまとめ、
金額を算定する。

政府は、コスト高となることや、
米軍と情報共有できるシステムが
必要なことなどから純国産は難しいとみて、
外国の技術も導入する方向だそうです。

国産の戦闘機作ってほしいですね。
国産のステルスです。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]