忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1395] [1394] [1393] [1392] [1391] [1390] [1389] [1388] [1387] [1386] [1385]
政府は8日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)
として2016年度に導入する最新鋭ステルス戦闘機
F35に関し、17年度以降、米英などの企業が行う
部品製造への国内企業参加を認める方針を固めたそうです。

いいですね。

野田首相と森本防衛相ら関係閣僚による会議を
9日にも開きました。
こうした方針を決定する方向で調整しているそうです。

F35の部品製造に日本企業が参加すれば、国産の
防衛技術力の維持・向上にもつながります。。
航空産業は、日本国内では関連企業が多く、すそ野が広いため、
経済効果が期待できるそうです。

政府は昨年12月、F35選定の際、日本企業が機体の
部品製造に参画する場合、「最大4割程度」とする
ことで米政府と合意したそうです。

具体的には、F35の胴体の一部や主翼と尾翼、
アビオニクスと呼ばれる情報処理のための
電子システムの生産などが想定されているそうです。

F35はあまりにも高いですね。
日本が参加して、少しでも安く作るようにすべきです。
そして、技術を高めるべきです。
日本の技術であれば、かなりの戦闘機が
出来ると思いますよ。
エンジンも作りたいですが。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]