忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[2859] [2858] [2857] [2856] [2855] [2854] [2853] [2852] [2851] [2850] [2849]
弁当やおにぎりなど日々の食事の
購入のみならず、公共料金の支払いや
チケットも受け取りなど、生活に必要な
多くのサービスが受けられるコンビニエンスストアです。

そのコンビニに置いてほしい商品として
多くの消費者が望むのが医薬品だそうです。

子どもを持つ親や、帰宅時間の遅い会社員は、
24時間営業のコンビニに医薬品が
あると安心するそうです。

2009年の改正薬事法施行により、コンビニでも
条件を満たせば、一般的な風邪薬や解熱鎮痛剤
などの「第2類医薬品」、ビタミン剤など比較的
リスクの低い「第3類医薬品」が販売できるように
なったそうです。

業界最大手のセブン-イレブン・ジャパンの
医薬品取扱店は約40店(4月末時点)に
とどまるほか、ファミリーマートもドラッグ
ストアとの一体型店舗が51店、医薬品取扱店が
約30店(2月末時点)のみだそうです。
いずれも全店舗に占める割合は0.5%未満にすぎないそうです。

登録販売者は先述した第2類や第3類など
一般用医薬品を販売できる医薬品販売専門の
国家資格。
薬事法では、医薬品を販売する店舗は
営業時間の半分以上、登録販売者を
置くように定められているそうです。

それでは、難しいですね。
現実は薬の販売はできませんね。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]