忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[3255] [3254] [3253] [3252] [3251] [3250] [3249] [3248] [3247] [3246] [3245]
野生鳥獣害の肉(ジビエ)の利用量が
2018年度は1887トンとなり、前年度から
16%(258トン)増えたことが
農水省の調査で分かったそうです。

飲食店でのジビエ人気の高まりが
追い風となった。

一方、イノシシと鹿の捕獲頭数に対する
利用率は9%台にとどまり、一層の
販路拡大が不可欠。

同省はペットフードへの利用も促す。
豚コレラ(CSF)に感染したイノシシが
見つかった地域での対策も課題となる。

調査は3回目。利用量全体のうち、飲食店などで
食肉として利用された量は1400トンで、
全体の7割超を占める。

このうちイノシシは426トン(32%増)、
鹿は957トン(18%増)だった。
同省は「ジビエの人気が高まっている。
特にイノシシは豚肉に近いことが受けて、
広まり始めている」
(鳥獣対策・農村環境課)そうです。

ただ、捕獲頭数に比べると、利用には
まだ余地がある。
18年度のイノシシと鹿の捕獲頭数は
114万4100頭(速報値)。
一方、イノシシと鹿の処理数は10万8736頭
(18%増)と伸びているが、利用率換算では
9%台にとどまるそうです。

イノシシなどの被害が増えています。
ジビエ料理などが増えると有効に
活用できます。
いいことです。


PR
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 6
8 9 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]