忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[3257] [3256] [3255] [3254] [3253] [3252] [3251] [3250] [3249] [3248] [3247]
東京海上ホールディングス(HD)など
損害保険大手3グループは19日、2019年9月中間連結決算を
発表したそうです。

台風15、19号など広域の被災が相次ぎ、
自然災害による20年3月期通期の保険金支払額は、
3グループ合計で1兆円に迫る見通しだそうです。

多発する災害を背景に各社は火災保険料の
引き上げを検討しており、契約者の負担は増加しそうだ。

3グループ合計の保険金支払額見通しは、
15号関連が3788億円、19号が4900億円。

台風以外の大雨や、冬場に発生しやすい
雪害などへの支払いを加えると、9800億円を上回る。

ただ、国内外の企業でリスクを分散する
「再保険」を活用することで、実際の
負担額は4000億円強に収まる見込み。

SOMPOホールディングスは20年3月期の
連結純利益予想を下方修正したが、
他の2社は据え置いた。

自然災害関連の保険金支払額は、西日本豪雨
などの災害が頻発した19年3月期に3グループ
合計で1兆6600億円に上った。

これを受け、損保各社が加盟する
損害保険料率算出機構は10月、保険料を
決める基礎となる「参考純率」を
個人住宅で平均4.9%引き上げると発表。
各社は21年1月にも火災保険料を
上げる方向で検討しているそうです。

保険金が大きかったから、保険料金を
上げるのはどうなのでしょうかね。
会社が赤字になったら保険料金をあげるのでは、
保険の意味がなくなります。
会社もリスクをとるべきだと思います。

PR
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 6
8 9 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]