忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[3063] [3062] [3061] [3060] [3059] [3058] [3057] [3056] [3055] [3054] [3053]
梨花(45)が、3月2日、自身が手がけるブランド
「MAISON DE REEFUR」を年内で全店舗閉店
すると発表したそうです。

突然のInstagramでの告白に、
衝撃が走っているそうです。

12年4月に東京・代官山で第1号店となる
路面店を開店。
オープン初日は2000人が列をなし、
年間35万人が来店したそうです。

またオープン1年後の13年4月には
40歳になったことを機に、ガーリー路線から
大人シンプル路線へと変更。
これも大成功をおさめていたそうです。

「当時は1カ月に1億円も売り上げることも
あったといいます。都内ターミナル駅に
店舗を構えるブランドですら『5千万円
売り上げれば御の字』といわれていた
ころですからね。この売り上げは、
驚きの一言。快進撃が続いていました」
(アパレル関係者)

その後も新ラインを立ち上げ、店舗数も
拡大していった梨花。
だがその難しさについて、Instagramで
彼女はこうつづっている。

《目まぐるしく過ぎていく今の時代
私自身 思考や求めるもの 大切にしたいことが、
だんだん変わっていく中で 心を保ちながら
私の力不足も含めて この大きなビジネスを
保つことが、 とても難しいと感じるように
なりました》そうです。

アパレル業界ではよく“10年間の壁”を
越えることが難しいと言われます。
10年も経つとオープン当初のお客さんも
年齢が上がり、ターゲット層と合わなくなるため
離れていきます。
いっぽうブランドは新たな層を開拓しなくては
なりませんが、うまく顧客シフトできない
ケースがとても多いそうです。

厳しい業界ですね。
継続的に利益を上げるのは、難しいのですね。
PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18
22 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]