忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[3102] [3101] [3100] [3099] [3098] [3097] [3096] [3095] [3094] [3093] [3092]
総務省が第5世代(5G)移動通信システムの
基地局について、携帯電話事業者らの
整備計画が現行より前倒しで進むよう
施策を講じるそうです。

令和6(2024)年度末の基地局数を2割程度
上積みするそうです。

自動運転など幅広いサービスでの活用が
期待される5Gを、都市部だけでなく
地方でも早期に実用化することが狙いだそうです。

来年度に4G基地局から5G基地局への
高度化などを対象とした補助金制度を設けるほか、
企業や自治体にエリアを限定した5Gの
電波利用を認め、携帯事業者以外による
基地局整備も後押しするそうです。

5Gの電波の割り当てを受けたNTTドコモ、
KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルの
携帯4社は6年度末までに合計約7万局の
5G基地局を整備する計画を提出しているそうです。

基地局の設置は手間やコストが
比較的かからない都市部から進むそうです。

ただ、5Gの応用が期待されている自動運転や
遠隔医療などの分野は、地方でも高いニーズが
見込まれる。
このため総務省はできるだけ早期に5Gを
全国で利用できるようにするため、
基地局数が計画を2割程度上回って
整備されることを目指すそうです。

いいですね。
時代が変わります。
いろいろなサービスが出てくるでしょうね。

PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]