忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
台風19号の影響で、コンビニエンスストアは、
浸水や停電の被害があった店舗を除き、
14日までに大半が復旧したそうです。

セブン―イレブンは、関東や甲信越、
東北地方の店舗で数十店舗が休業している。

被災した店舗の復旧に向け、本部から社員約1000人を
派遣するそうです。

ファミリーマートは、関東、中部、東北地方などの
約50店舗が休業しているそうです。

ローソンも引き続き、十数店舗が休業しているが、
「1週間程度で再開できそうだ」(広報担当)という。

13日は交通機関の乱れもあって、従業員が
十分に確保できないと想定された
大宮高島屋(さいたま市)も、14日は
営業を再開したそうです。

早いですね。
コンビニは。災害からの普及が早いですね。
消費者にとっては、よいですね。
すごいですね。
PR
世界最大のスマートフォン市場の中国です。

韓国サムスン電子がシェアが0%台と低迷が続いているそうです。

華為技術(ファーウェイ)など中国メーカーの
台頭に加え、賃金増加によるコスト高も
重なり、中国からのスマホ生産の撤退が
秒読み段階に入ったそうです。

中国向けがメインの工場だけに閉鎖は
販売不振に拍車を掛ける。
中国では存在感の一層の低下が避けられず、
スマホ販売もやめる“完全撤退”も浮上しそうだ。

サムスンが閉鎖するのは中国南部の広東省恵州市にある
スマホ工場で、複数の韓国メディアが報じた。

閉鎖の時期は10月末とみられる。

マネートゥデイ(電子版)によると、
サムスン関係者は「恵州工場閉鎖は、グローバルでの
供給体制の再配置に伴う措置」と説明。
米通信社ブルームバーグは、需要低迷や
労働コスト増加が決定に影響した可能性があるそうです。

ゼロですか。
最初は、サムスンが1位でした。
今は、もうありませんね。
すごい減少です。

スマートフォンは、もうどこでも作れますからね。
世界中のメーカーが作っています。
米国と中国の閣僚級貿易協議が
10、11日にワシントンで行われ、
トランプ米大統領は終了後、「重要な
第1段階の合意に達した」と表明したそうです。

中国による米農産物の購入拡大や
知的財産権保護、通貨安誘導の
抑止などで部分的に合意し、米国は
15日に予定していた対中追加関税の
引き上げを見送るそうです。

米中首脳は来月にも会談し成果文書の
署名を目指す。

貿易戦争の激化で世界経済に
一層深刻な打撃が及ぶ事態は
当面回避された。

トランプ氏は中国交渉団代表の劉鶴副首相と
ホワイトハウスで面会した後、「貿易戦争の
終わりに非常に近づいている」と成果を強調。

劉氏も「大きく前進した」と語った。
ただ、米国が対中協議の本題と位置付ける
技術移転の強要など構造改革問題の
一部は継続協議とし、先送りしたそうです。

どこまで決まったのでしょうか。
アメリカはしたたかですからね。
内容を見た方がいいですね。

これで中国の景気が戻るかですね。

セブン&アイ・ホールディングスです。

10日、国内コンビニで今後1000店舗の
閉鎖・移転を実施することなどを含めた
事業構造改革を発表したそうです。

2022年度までに自然減を含めて、
そごう・西武1300人、イトーヨーカ堂で
1700人の計3000人の削減に踏み切る。

国内コンビニは、人手不足や人件費上昇など
経営環境が厳しくなっている。
このため、加盟店が本部に支払うロイヤルティーを
引き下げ、加盟店の収益を支援することを決めた。
加盟店1店あたりの利益は年間で平均約50万円
改善する一方、本部利益には約100億円の
マイナスの影響が出るそうです。

併せて、約1000店舗の閉鎖・移転を
実施するなど、不採算店舗の閉店を加速させる方針。

イトーヨーカ堂では、33店舗で内外企業との
連携や閉店を検討する。
また、2022年度末の従業員数を2018年度末に
対して1700人削減する。

百貨店事業では、西武百貨店とそごうで合わせて
5店舗を2021年2月までに閉鎖、2店舗の
売り場面積を縮小する。
人員については、2022年度末に
18年度末比1300人削減するそうです。

売り上げや利益は上がっていますが、
コンビニも百貨店も減らしてゆくのですね。
それだけ、今後は厳しいということです。

時代が変化しています。

関西電力は9日、八木誠会長と岩根茂樹社長が
辞任すると発表したそうです。

トップ2人を含む役員ら20人が、
高浜原発がある福井県高浜町の元助役(故人)
から多額の金品を受け取っていた問題の
責任をとる。

八木氏は同日付で辞任し、岩根氏は
今回の問題に関する第三者委員会が
年内に再調査の結果をまとめた段階で
辞任するそうです。

八木氏は同日午後に大阪市内で開いた
記者会見の冒頭で「立地地域や社会の
皆さまからの信頼を失墜し、誠に申し訳ない。
経営責任を明確にするために辞任する」
とおわびした。
八木氏は関西経済連合会の副会長も辞任する意向。
岩根氏は大手10社でつくる電気事業連合会の
会長を同日付で辞任した。
電事連会長の後任は、中部電力の
勝野哲社長を軸に調整するとみられる。

電力会社に逆風ですね。
東京電力は原発事故でもう国内には作れませんね。
関西電力は今回の問題です。
企業として問題です。

何か他の企業とは違いますね。
経営者を他の業界から入れたら
どうでしょうかね。
電力会社が少なすぎます。
もっと競争させるべきです。
電気料金も高すぎます。
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
5
10 12 13
17 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]