忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
新型コロナウイルスの感染拡大で一時は
店頭から消えたマスクだが、この先、
簡単に手に入るようになるのだろうか。

コロナ禍以前、日本の流通量の7割近くを
支えていた中国の生産状況は、
日本のマスク事情を大きく左右する。

浙江省嘉興市の工業団地の一角にある工場では、
フル稼働でのマスク生産が続いている。
エプロンにマスク姿の従業員たちがレーンの
上を流れてくるマスクの品質をチェックして
いく。注文増に対応するため、アルバイトも雇用した。

中国税関によると、3月1日から5月16日までに
中国から輸出されたマスクは509億枚に上る。
浙江省は1~3月の統計でマスクの輸出額が
国内最多の一大生産拠点で、米国と日本が主な輸出先だ。

この工場はもともと米国の大手スーパーが
主な取引先で、マスクのほか芳香剤や手袋なども
作っていた。
だが新型コロナの感染が拡大した1月以降、
全ての生産ラインをマスク用に変更。
当初は国内向けだったが、国内の感染状況が
落ち着いた2月下旬以降は輸出向けに軸足を移した。

ただ日本でもマスクの流通量が増え始め、
一部では値崩れも起きている。
経営者は「(ウイルスの)遮断率95%以上の
高品質保証をしているので値崩れは心配していない。
ただ、日本は飽和状態になりつつあるので、
米国に軸足を移そうと思っている」と話しているそうです。

日本は、高くても日本製品を購入すべきですね。
国民のために、マスクを生産してくれましたからね。
中国製品は、やめた方がよいと思います。

PR
新型コロナウイルスに感染した患者を
受け入れた全国の病院のおよそ8割が、
この4月に、赤字に陥っていたそうです。

これは、全日本病院協会など3団体が
加盟する病院に対して行った調査で
明らかになったもので、回答を得た
およそ1200の病院のうち6割以上で
今年4月の収支が赤字になっていたということです。

特に、新型コロナウイルスに感染した
患者を受け入れた339の病院では、
赤字の病院が8割近くに上っています。

また、東京だけで見ると、経営状態は
さらに深刻で、新型コロナ患者を
受け入れた37の病院のうち、およそ9割が赤字でした。

調査を行った全日本病院協会などは
「緊急的な助成がなければ、今後の
新型コロナへの適切な対応は不可能となり、
地域での医療崩壊が強く危惧される」
などとしています。

感染を受け入れた病院は、
補助金をやってもよいと思います。
医師や看護師はかなり大変だったと
思います。

他の病院は、感染患者を拒否した病院も
ありますから、補助金は必yぷないですが。
そうでないと不公平です。

新型コロナウイルスの感染が再び拡大する
恐れがあるとして、東京都独自の警戒宣言
「東京アラート」が2日夜、初めて発動されました。

都が特に新規感染者が多いとして注意を
促すのが「新宿周辺の繁華街」。

その代表格・歌舞伎町では3日夜、
新宿区によるパトロールが行われ、
営業を再開したばかりの飲食店では
不安の声が聞かれたそうです。

この日の歌舞伎町は、マスクを着けずに歩く
若者や大声で騒ぐグループなどでごった
返していた。
恋人と手をつないで歩いていた、
さいたま市のアルバイト女性(21)は
「コロナウイルスは心配。でも新宿は楽しい場所だから」と
取材に笑顔で答えた。

「院内感染が多いと聞くから、ここでは
それほど心配していない」という男性もいた。

そのそばでは、新宿区の安全安心パトロール隊が
拡声機を使い、「夜の街で感染が広まり、
東京アラートも発せられました。
十分にご注意ください」と繰り返し声を
張り上げていた。

緊急時多宣言も強制力はないですからね。
仕方ないですね。
本来は、憲法を改正して、強制力のある法律に
しないといけません。
でも、憲法改正はできないですね。
1万人くらい亡くなると変わるかもしれませんが。
中途半端です。


新型コロナウイルスの感染拡大で急速に
悪化した個人消費に回復の兆しが見えてきたそうです。

外出自粛によるレジャー消費の落ち込みは
4月後半で底打ちした可能性がある。

ただ緊急事態宣言解除後の感染拡大の
兆候を警告する「東京アラート」が発動されるなど、
第2波による自粛要請再開の懸念が
冷や水を浴びせている。

クレジットカードの決済データなどをもとに
ジェーシービー(JCB)とナウキャストが
国内消費動向を半月ごとに算出する
「JCB消費NOW」によると、外食、交通、
娯楽といったレジャー消費は4月の宣言発令後に
外出自粛で大きく落ち込んだものの、
5月前半に下げ幅が縮小したそうです。

逆に巣ごもり消費で“特需”を生んだ
スーパーなどの身近な小売りや、
インターネットを通じたコンテンツ配信の
伸びは5月前半には鈍化し、消費行動は
落ち着きを取り戻しつつある。

宣言は当初予定した5月6日には解除できず
延長されたが、飲食店が持ち帰り販売に
本腰を入れるなど、自粛経済下でも
生き残るため営業努力を重ねたことが
消費に反映されたようです。

消費が少し戻っているのでしょうか。
でも、東京では感染者が増えています。

予断を許しません。
東京都が2日、新型コロナウイルス感染拡大への
警戒を呼びかける「東京アラート」を
発動しました。

休業要請を業種ごとに段階的に緩和させる
第2段階へと1日に移行した矢先。

都はアラートの発動に慎重な姿勢を
取ってきたが、夜の繁華街を中心に
広がる感染を抑える必要があると
判断したそうです。

「専門家の意見も踏まえ、東京アラートを発動する」。
2日午後10時前に開かれた対策会議で、
小池百合子知事は厳しい表情でそう表明した。
同11時すぎにレインボーブリッジや都庁を
赤色にライトアップし、都民に発動を周知した。

都が感染者が増えたのに似、アラートを
発動しなかったのは、経路不明者の中には
「夜の街クラスター」との関連が疑われる人が
多いとの見通しがあったからだそうです。

2日までの1週間に確認された感染者
114人のうち約3割にあたる32人が、
休業要請が解除されていない接待を
伴う飲食店従業員など「夜の街」に
関係するという。
このうち約4割が新宿区での
感染とみられるという。

休業要請をしたのではなかったですかね。
夜の街ですか。
これから、二次感染が心配されます。
ブログ内検索
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2
5 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]