忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
中国税関総署は14日、中国の1~9月の
対米貿易総額が前年同期比14.8%減の
4026億5800万ドル(約43兆6千億円)
だったと発表したそうです。

米中貿易摩擦が長引き、貿易の縮小に
歯止めがかからなかった。
全体の輸出・輸入額も振るわず、
世界経済への影響が懸念される。

米国からの輸入は26.4%減と
大きく落ち込んだ。

中国が報復関税を課している
米国産大豆を中心に減ったと
みられる。
対米輸出も10.7%減だった。
対米貿易黒字は2%減少し、
2213億3400万ドルだった。

世界全体との貿易総額は2.4%減だったそうです。

でも、思ったより減少していませんね。
少し減ったくらいです。
貿易摩擦は続きますね。

PR
旧民主党出身の議員が「八ツ場(やんば)」との
言葉に神経質になっているそうです。

政権時代に「無駄な公共事業」として建設凍結に
動いた八ツ場ダム(群馬県)が台風19号で
一定の治水効果を発揮したとされるためだそうです。

しかし、かつての当事者から「反省」の
言葉は聞こえず、むしろ批判に反論する
発言が目立っているそうです。

八ツ場ダムをめぐっては、自民党が
旧民主党政権が掲げたキャッチフレーズに
引っかけ「『コンクリートから人へ』との
かけ声のもとで、紆余(うよ)曲折を
経てきた」(松山政司元科学技術担当相)
などと野党を攻撃している。

これに対し、菅直人政権の官房副長官
だった立憲民主党の福山哲郎幹事長は16日、
記者団に「台風対応に懸命に取り組まなければ
いけないのに、批判すること自体がナンセンスだ」と
反論したそうです。
一方、建設を一時中断した判断そのものへの
言及は避けた。

副総理や外相などを歴任した岡田克也衆院議員は
17日の記者会見で「1つの事例を捉えて
大規模ダムの建設を正当化するのは当たらない。
それならば、すべてスーパー堤防にして、
全部ダムを作ればいい」と反発。
建設中止を決定した当時の首相で、政界を
引退した鳩山由紀夫氏も18日の
ツイッターで、八ツ場ダムの効果を
主張する声に「事実ではない」などと
反論したそうです。

だから、野党は駄目なのです。
結果的に、間違っていましたからね。
ここで、誤ればよいのです。
間違っていたことを、反省しないで、
政権なんかとれませんよ。
馬鹿な野党です。
任天堂の社内データによると、
家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」と
携帯型の「ニンテンドースイッチライト」の
北米での販売台数が、2017年3月の
スイッチ発売以降、合計1500万台を超えたそうです。

北米における今年1─9月の販売台数は、20%超増加した。

調査会社NPDグループによると、米国では
各種ゲーム機の中でニンテンドースイッチが
10カ月連続で最もよく売れている。

ニンテンドー・オブ・ アメリカのプレジデント、
ダグ・バウザー氏は「3回目の年末商戦期を
迎えるに当たり、ニンテンドースイッチは
幅広い顧客層の支持を得ており、北米で
1500万人を超える人々が、好きなときに
好きな場所で好きなゲームを楽しんでいる」そうです。

スマホに押されていると思いましたが
売れているのですね。

年末商戦ですからゲーム機器も売れていますね。
東日本に記録的な大雨をもたらした台風19号は、
農作物にも被害を及ぼしているそうです。

畑やビニールハウスといった
農業関連施設が河川の氾濫により浸水。

供給不足が見込まれるキャベツなど
一部の野菜は既に値上がりしている。

今後、被害の全容が明らかになるにつれ、
他の作物も高騰する可能性がありそうだ。

15日の東京都中央卸売市場の価格
(1キロ当たり)は、台風が上陸した
12日に比べ、キャベツが約14%高い91円、
レタスが約8%上昇の128円。

農林水産省は「台風の影響を織り込んで
価格が上がっている」(園芸作物課)と分析する。

鍋物シーズンで需要が増えるキノコの被害も甚大。
千曲川の堤防の決壊により、キノコ生産大手
ホクト(長野市)の生産施設「赤沼きのこセンター」が
水浸しになったそうです。

同社によると、センターで管理していたエリンギ
100~200トンは廃棄せざるを得ない状況だ。
生産設備が破損したとみられ、復旧のめどは
立っていないそうです。

今回の決壊は、防げたかどうか
検証する必要がありますね。
過去も決壊していますからね。

もし、堤防を作っていたら、防げたかも
しれません。


Googleです。

10月15日、米ニューヨークで開催した
自社イベント「Made by Google '19」にて、
新型スマートフォン「Pixel 4」「Pixel 4 XL」を
発表した。

価格は、Pixel 4が799ドル(約8万7000円)、
Pixel 4 XLが899ドル(約9万7800円)。

米国では、10月24日より出荷を開始するという。

なお、同イベントではChrome OSノートブック
「Pixelbook Go」や完全ワイヤレスイヤホン
「Pixel Buds」もあわせて発表されたそうです。

これは、同社のスマートフォン「Pixel 3」
「Pixel 3 XL」の後継モデルとなり、Pixel 4は
フルHD+の5.7インチ、Pixel 4 XLはQHD+の
6.3インチOLEDディスプレイ(どちらも19:9)を
採用。

HDR表示のほか、よりスムーズな表示を
実現する90Hzのリフレッシュレートに
対応するそうです。

いろいろなスマホがあります。



ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
5
10 12 13
17 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]