忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[939] [938] [937] [936] [935] [934] [933] [932] [931] [930] [929]
東日本大震災の被害では、同じ東北の太平洋沿岸に
立地する東京電力の福島第1原発と
東北電力の女川原発が明暗を分けました。

福島第1原発が多くの住民を故郷から
引き離した半面で、女川原発には
壊滅的被害となった女川町民が
避難所として身を寄せています。

2つの原発の明暗が分かれたのは
福島第1原発では想定された津波の高さが
約5・6メートルだったのに対して
女川原発は9・1メートルに設定したそうです。

女川原発は、三陸沖地震津波や宮城県沖地震の
経験から津波想定は高さ9・1メートル、
耐震設計は580ガル、半径5キロ以内に
活断層がない-などの地盤条件も含めた
総合的な判断で現在の場所に建設されたと
いうことです。
固い岩盤上にある主要施設は海面から
14・8メートルもの高さのようです。

福島第1原発がいつ出来たかわかりませんが、
東北電力が津波などの対策をおこなって
いるのなら、津波対策を、おこなって
おくべきですね。

東北電力でできて、東京電力で津波対策を
おこなっていないのは、トップの責任も
あると思いますよ。

PR
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1
8
15 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]