忍者ブログ
エンターテインメント、スポーツなどインターネット、テレビなど情報をなんでも発信しま~す!!
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
内閣府が9日発表した2月の
景気ウォッチャー調査についてです。

商店主らが3カ月前と比べ足元の
景気の実感を示す指数(季節調整値)は
前月比14・5ポイント減の27・4、2~3カ月先の
見方を示す指数は17・2ポイント減の
24・6だったそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大による
経済への悪影響が鮮明に表れ、
景況感は大幅に落ち込んだ。

調査期間は2月25~29日。指数の水準は、
現状が2011年4月(23・9)以来、
先行きは09年1月(23・8)以来の
低さだったそうです。

新型コロナに関するコメントは、
現状については788件(今年1月97件)、
先行きは1056件(同345件)となり、
1月調査から急増。

現状の指数は宿泊施設や旅行会社で
特に低く、「キャンセルの嵐であり、
全く売り上げが立たない」(近畿・都市型ホテル)、
「客からの取り消しが相次いでおり、
2月の収入が想定の半分ほどしか見込めない」
(北海道・旅行会社)といった声が相次いだそうです。

景気に影響が出てきています。
株価も下落しています。

大変になりそうですね。

PR
8日のニューヨーク市場で原油先物相場が
急落し、指標の米国産標準油種(WTI)の
4月渡しが一時、1バレル=30・00ドルを
つけたそうです。

2016年2月以来ほぼ4年ぶりの安値水準で、
前週末の終値からの下落率は3割近くに達した。

産油国の協議が決裂し、供給過剰の
懸念が高まったそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大で
世界的に需要低下が予想される中で、
産油国による減産拡大の調整が6日に決裂。

サウジアラビアの国営石油会社
サウジアラムコによる原油価格の
引き下げや、サウジの原油生産の
拡大計画が伝わり、売りが加速した。

ロシアが減産しないといったそうですね。
減産すると、アメリカのシェールオイルが
増えるそうです。

原油価格が高くなるとシェールガスが
増えるそうです。

完全に、需給バランスが追われています。
景気もわからなくなっています。

厳しいですね。



6日のニューヨーク原油先物相場は
急落し、指標の米国産標準油種(WTI)の
4月渡しが前日比4.62ドル(10%)安の
1バレル=41.28ドルと、2016年8月以来
約3年7カ月ぶりの安値で取引を終えたそうです。

原油価格を下支えするための産油国による
協調減産拡大を巡り、石油輸出国機構(OPEC)と
ロシアなどとの協議が決裂したため
失望売りが広がったそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大による
世界的な需要低下への懸念も根強かったそうです。

ロシアが反対したのですね。
ロシアの経済は悪いですからね。

これ以上外貨が減るとたいへんなのですね。

原油価格も当分下落しますね。

日本にとってはよいですが。
5日のニューヨーク株式市場の
ダウ工業株30種平均は急落し、
前日比969.58ドル安の2万6121.28ドルで
取引を終えました。

新型コロナウイルスで米国内の
感染拡大を伝える報道が相次ぎ、
前日の急騰から一転して売りが加速した。

安全資産とされる米国債を逃避的に
買う動きが膨らみ、米長期金利の
指標となる10年債利回りは
一時0.899%まで下がり、
過去最低を更新した。

カリフォルニア州が前日に非常事態を
宣言し、投資家心理が悪化。

ダウ平均は下げ幅が1100ドルを
超える場面もあった。

新型肺炎が広がっていますね。

アメリカでも感染者が増えています。

どうなるんでしょうかね。

世界知的所有権機関(WIPO)です。

4日、次期事務局長を決める選挙を行い、
シンガポール特許庁長官のダレン・タン氏が、
中国人女性の王彬穎WIPO事務次長を
決選投票で破ったそうです。

5月のWIPO総会で正式承認され、
10月に就任する。任期は6年。

王氏は有力候補と目されてきたが、
決選投票では55対28でタン氏が圧勝。

同事務局長選を巡っては、中国の知的財産侵害を
批判する米国が、中国人がトップに
就くのは適切ではないとして、
反対姿勢を鮮明にしていたそうです。

アメリカが反対し始めましたね。

これから中国は大変です。
厳しくなります。

対策が必要です。

ブログ内検索
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
Copyright(C)2008/Kenのなんでも日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]